« 尊敬。 | トップページ | 甥と姪 »

しっかりしろ、高木成太

上位チームとの直接対決シリーズ最終戦は現在首位を走るHonda FCとの対戦。前節で栃木SCによもやの敗戦を喫したHonda FCがどのような修正をしてくるのか、対するFCホリコシは前節YKK APをホームで撃破した3バックシステムをどれだけ熟成させてくるのか興味深い一戦です。

まず、先手を取ったのはHonda FC。試合開始から、正確なパスワークと効果的なポジショニングでホリコシを翻弄し、前半9分、ゴール正面からフリーでミドルシュートを決めて得点。ホリコシの中盤以下の選手がペナルティエリア内に押し込まれてしまい、ボールが一旦戻されたときに誰も詰める選手がおらず、みすみすフリーでシュートを打たせてしまいました。

早い時間の失点であり、選手たちにも特に気落ちした様子はありませんでしたが、浜松特有の南からの強い海風もあってホリコシは思うようなサッカーができないようです。対するHonda FCはホームの利を活かし、風下に たった前半はショートパスをつないで攻撃を組み立て、人とボールがうまくかみ合って動いていました。

ホリコシは、YKK AP戦の後半に見せたような蔵川や深田を使ったサイドアタックが影を潜め、どちらかというとトップ下の斉藤と森、アマラオが絡みあう中央突破中心の攻撃になっており、みすみすHonda FCの厳しい中盤のチェックに飛び込んでいたように感じます。逆に言えば、それだけHonda FCがスペースを消し攻撃の芽を摘んでいたともいえるでしょう。

結局、前半はホリコシの攻撃に冴えが見られずHonda FCの激しいチェックにつぶされたまま終了。一方のHonda FCも先制点を上げたあとは決定的なチャンスを生み出すことができず双方膠着した展開となりました。後半に入って、ホリコシは斉藤に替えて平間を投入。前節はトップの森と交代で出場し追加点を奪った平間ですが今回はトップ下で投入されます。

対するHonda FCは、後半風上に立ったこともあってそれまでのショートパス主体の攻撃から一転してロングボールを適度に混ぜた攻撃を仕掛けてきます。 これに対しては、ナリをセンターに置いた3バック陣が何度か裏をとられそうになるものの、何とかギリギリで踏ん張って追加点を許しません。

ホリコシの攻撃は、平間が投入されたことによりますます中央からの突破に拍車がかかり、アマラオや森が何度かHonda FCディフェンスの裏へ抜け出しかけたり、ポストプレイからミドルシュートを放ったりしますがHonda FCのゴールをこじ開けることができません。

徐々に残り時間が少なくなり、焦りが見え始める時間帯。ホリコシの全体的な意識が前がかりになりかけ、カウンターからあわやというピンチを招くケースが出てきます。幸いにも角度がなかったりシュートミスがありホッとしていたのもつかの間、後半43分に悪夢のような追加点をHonda FCに決められてしまいます。カウンター気味にロングボールで右サイドを破られ、あまり角度のないところから決められてしまいました。

この失点はよけいでした。本当に余計な失点としか言いようがありません。カウンター気味とはいえ人数が足りていなかったわけでもない、シュートコースが特別よかったわけではない。十分に防ぐことのできた失点でした。特に、その失点の直後、Honda FCディフェンスの裏へ抜け出しGKの手をかすめるようにHonda FCゴールに流し込んだ蔵川の得点があっただけに余計な失点でした。

その後、ホリコシは、若干乱れの見えるHonda FCの守備をかいくぐり、矢部がポストを直撃してゴールを横切るように跳ね返るというミドルシュートを放つなど、必死に追いすがりましたがむなしく試合終了のホイッスルが鳴り、Honda FCとの差を 詰めることはできませんでした。

前半の失点は、ボールウォッチャーになってしまったという面もありますが、ある意味不幸な事故ともいえホリコシの選手たちは気落ちすることなく必死で追いつこうとしていました。しかし、追加失点はいただけません。あの時間帯、絶対に失点することなく追いつかなくてはならなかった。しかし、そのための準備に一瞬ぬかりがあったのではないかと思います。

残り数分となって焦る気持ちは当然でしょう。徐々にホリコシが押し気味になっていたことも要因だったかもしれません。しかし、ナリが3バックのセンターを任されたのは、まさにこのようなときに、ともすれば前に行きたがる気持ちを押さえつけ、試合の流れを読んでバランスを保たせることだったはずです。

あの時間帯、絶対に3バックは前へと気持ちを向けてはいけなかった。絶対に失点の許されない時間帯、味方の攻撃陣を信じてじっと我慢する時間帯。外からゲームを見ていた私たちには分かる。3バックの中にあった前へという気持ちが一瞬の対応を遅らせてしまったこと。それは、取り返しのつかないゲームの読み違いだったことが...

|

« 尊敬。 | トップページ | 甥と姪 »

Review」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1470570/38842494

この記事へのトラックバック一覧です: しっかりしろ、高木成太:

« 尊敬。 | トップページ | 甥と姪 »