« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

アルゼンチン

こんにちは。なりたです。暑い日が続いていますね、しかもジメジメなやつ。

練習中に太陽に照らされていたら、ふと去年、行ったアルゼンチンの日々を思い出しました。僕にとって一人で行ったことはとても貴重な時間でした。正直、非常にきつい毎日でした。精神的に。でも、人間って意外に自分が思っているより、タフなんですよね。意外に踏ん張れちゃう。まぁたった三ヶ月だったからね。だけど僕にはされど三ヶ月だったけどね。

だから海外で活躍している、またはした人たちは尊敬できますね、単純に。しんどかったことを思い出しながら、まだまだ僕には闘えるだけの余裕も体力もある。復帰してまだ二ヶ月だもの。バリバリっすよ。それでは、また。

| | トラックバック (0)

こんにちは。なりたです。連敗してしまいました。しかもせっかく僕がボランチをやったのに・・・ でもこれが今のホリコシの力なんです。2試合で40本以上シュート打っているのに入らないね。正直、今は前向きな気持にはなれません。もう一度自分のピッチでの仕事を整理したいと思います。

| | トラックバック (0)

小嶺先生

こんにちは。なりたです。大変な事になりました。

日曜日の鳥取での試合になんとバスで行きます!!超久しぶりです、国見高校以来、何年ぶりでしょうか。厳しい試合になるだろう。だけど僕逹にお金を出している人が決めたのだから、ぼくらはちゃんと仕事を全うすることです。おまんまを取り上げられるわけではないので少々の事には動じませんよ。

皆、どう思っているのかな〜、選手逹は。ほんっっとに久しぶりだな〜。小嶺先生の運転している、後ろ姿を思い出します。先生、ありがとうございます。バスの過ごしかた誰か教えてください(>_<)

| | トラックバック (0)

錆落とし

天皇杯シード権獲得に向けての正念場となる残り2試合。前節岡山で三菱水島FCに4-1で勝利したFCホリコシは、鴻巣市営陸上競技場に下位に低迷するデンソーを迎えてのホームゲームで手痛い敗戦を喫しました。

続きを読む "錆落とし"

| | トラックバック (0)

強かさ

こんにちは。なりたです。昨日の試合に負けてしまいました。

とにかく僕逹選手は土壇場で強かさを発揮しなければ淘汰されていくものだと僕は思う。別にこのことはプロ選手に限ったものではない。仕事ってそうじゃないのかな。

例えば、僕の仕事は相手に得点されないこと。指示の声を出すこと。自分のやることを先ずは近くの人と話す。そうすることでコミュニケーションが生まれる。そんなに難しい話じゃない。こういったものをもう少しやらないと厳しいね。もちろん僕ぐらいの歳の人間が率先して。

だけど難しいのはお互いに要求しあうことに慣れてないところなんだよね。伝え方が大切かな。愛情を持ってね。何回でもしぶとく立ち上がろう。強かさを身に付けながらね。それでは、また。

| | トラックバック (0)

vs デンソー

FCホリコシは、デンソーとのJFL第14節を、13時より鴻巣市営陸上競技場で行い0−1(前半0−0:後半0−1)で敗れました。蒸し暑さのためか、試合開始直後から各選手の動きが悪く、なかなかペースを握ることができないまま試合が進行。決定的なチャンスも何度かあったものの、ことごとくシュートが枠に飛ばず前半終了。

後半に入っても、デンソーの活動量は落ちず、途中交代した森や斉藤が前線をかき回すが、森は2度の決定機を決めることができず、徐々に嫌な雰囲気が漂い始めた後半37分に失点。とりこぼしてはならない下位チームとの対戦で痛恨の敗戦となり、天皇杯のシード権はほぼ絶望となりました。

FCホリコシ
(スタメン)31 鏑木、4 神田、2 高木、13 山田(智)、5 深田、14 羽山、9 蔵川、26 矢部、15 平間、7 アマラオ、28 小松原
(サブ)1 井坂、17 照井、29 斉藤、10 森、22 川股
(交代)
HT:なし
後半:小松原→森、深田→斉藤

| | トラックバック (0)

I am a Father

1988年に発売されたアルバム「FATHER'S SON」で、『車の窓に映ってる俺の顔彼に似てる』と謳い、結局自分は父の子であることを父の死後意識し始めた浜田省吾。「Down by the MainStreet」、「J.BOY」に続く3 部作の完結編「Father's Son」で自分は何者なのか、「Carry On」とは何かに一応の答えを出した彼が、17年たって「I am a Father」というシングル曲を出した。

続きを読む "I am a Father"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹黒トリオとフランスへ

Sportivaという雑誌に、山口素弘と名波浩の対談が載っているというので、いそいそと買ってきて読んでみました。97年のアジア最終予選からフランスワールドカップまで、この二人に中田英寿を加えた3人が作り出す中盤はまさに珠玉。繊細でありながら大胆、計算されつくしたボール回しから一転くりだされるキラーパス。

続きを読む "腹黒トリオとフランスへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の三ツ沢

久しぶりに三ツ沢に行ってきました。本当なら、ひたちなかに流通経済大学vs佐川急便東京の試合を観に行こうとしてたのですが、大久保が負傷のため欠場するということで、色々と所用もあり今にも降り出しそうな空の下、今季3回目の三ツ沢に行ったもののお目当ての財前はおらず...orz

続きを読む "久々の三ツ沢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国籍

こんにちは、ひさしぶりかな?昨日の話なんですが、僕は貴重な体験をしました。W杯予選の日本ー北朝鮮の試合を在日の方々と共に観戦しました。ぼくらに気を使っていたのか、日本の選手を褒めてました。ですが本音も聞くこともできました。やっぱりとても負けたくないんだ。日本にね。

でもそれは、日本が嫌いだからではないのです。自分の祖国を応援する純粋な気持なんだね。当然かな。実は僕は試合をみていないんです。なぜなら僕の後ろにテレビがあったからなんだけど、それよりも彼等の言動を観察していたからです。やっぱり何でも国境はありますね。それは大事な事。やっぱりウソはよくないわ。そして話はエスカレートして、靖国問題まで話はいってしまいました。僕は楽しい時間でした。

それでは、また。 中途半端かな?

| | トラックバック (0)

手放しで喜べない大量得点

前節のHonda FC戦で上位チームとの直接対決を終え、天皇杯シード権確保のためにもJリーグ昇格争いに残るためにも、前期ラスト4試合は一つも落とすことができないFCホリコシ。対戦相手の流通経済大学は前節栃木SCに0-6と大敗しており、最近好調の栃木に追いすがるためにも大量得点で勝利し得失点差を稼ぎたいところです。

続きを読む "手放しで喜べない大量得点"

| | トラックバック (0)

vs 流通経済大学

FCホリコシは、流通経済大学とのJFL第12節を、13時より鴻巣市営陸上競技場で行い5−2(前半3−1:後半2−1)で勝利しました。前半19分に先制され、若干動揺が見られましたが30分に矢部のFKで落ち着きを取り戻し、34分には蔵川のゴールでリード、44分にはアマラオ期待のゴールで前半を終了。後半早々に平間がPA内でGKに倒されてPKをゲット、これを小松原が決めて4点目、さらに後半途中から小松原に代えて投入された森が30分に5点目、これで勝負あったと思いきや終了直前の42分にはオフサイドトラップ崩れから抜け出されて2点目を献上するも5−2で逃げ切りました。

ナリを含む3バックは、中盤の選手がワントップを追い越して飛び出してくる流通経済大学のスタイルにとまどっていたようで、何度かスピードに乗って飛び込んでくる選手を捕まえきれないケースがあり要修正点と思われます。また、この日は、ナリから3本くらいゲームの組み立てを意識したパスが出され、44分のアマラオのゴールに結びついた起点となるなど、ナリらしいリベロスタイルに向けて一歩前進したといえます。

FCホリコシ
(スタメン)31 鏑木、4 神田、2 高木、13 山田(智)、5 深田、14 羽山、9 蔵川、26 矢部、15 平間、7 アマラオ、28 小松原
(サブ)1 井坂、17 照井、29 斉藤、10 森、19 阿部
(交代)
HT:なし
後半:平間→斉藤、小松原→森、アマラオ→阿部

| | トラックバック (0)

2失点

お疲れです。今日は勝ちましたよ。5ー2で。勝ち点3と失点2。はっきり言って、もったいない。でも、得点を決めた人は良い気持なんだろうな。同じ11人でも、気持がそれぞれ。おもしろいね。ところで日本勝ちましたね、試合はみてないけどやっぱり僕の予想とだいぶ近かったね。やっぱり中田は良いって小見さんがいってましたよ。試合してみたいなぁ、中田選手と。まぁ、とにかく今日は勝ち点3と失点2。 そういえば、僕の心強い応援団の方々です。いつも遠くまで、ありがとうございます。

050604_153601.jpg

| | トラックバック (0)

六月

こんばんわ。今日のバーレーン戦を見れないのが残念ですが、僕は僕の戦いがあるのでしかたがないです。僕の予想は2ー1で日本かな、勘だけど。難しい試合になるだろうね。僕も似たようなもんだけど、現在のサッカー選手は甘やかされてるからね、踏ん張りが効かないのね、やっぱりカズ選手は凄いよね。ピッチに背中に人生がにじみ出てるもんね、彼で一杯飲めるもんね。 そんな選手になりたいね、一人でも二人でもいいから、なりたで一杯。さぁ、明日は勝つぞ!よろしく。

| | トラックバック (0)

甥と姪

僕の故郷にすんでいる、甥と姪。お兄ちゃんが中二、女の子が小五。下の子は今は平気だけど、少し前までは僕が長崎の実家に帰っても誰だか分からず人見しりしてたなぁ。たまにし帰れないからね。でもこの長崎がいつも僕のパワーなのだ。今年は帰ることができますように。悠至、薫元気か〜。

【期間限定公開だった甥御さん姪御さんの画像は公開終了しました by 管理人】

| | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »