« 大好物 | トップページ | 紅白戦 »

疲労困憊

がっくりと疲れた試合でした。デンソー、SC鳥取と連敗して迎えた横河武蔵野FCとの後期開幕戦は、主力の藏川、平間、神田を出場停止で欠いた上、アマラオまでも欠くという布陣となり苦戦は十分に予想できたのですが、まさかこれほどまでにサッカーにならない試合を見せられるとは...

横河武蔵野FCは決して舐められない相手です。私たちが応援しているもう一人のJFLプレイヤー、大久保哲哉が所属する佐川急便東京との試合でも痛い目に合わされていますし、1999年と2000年には当時JFLに所属していた横浜FCも横河には苦しめられました。まあ、その頃はデンソーにも同じように苦しめられたのですが。

この日は、SC鳥取戦と同様に4バックで試合を開始しますが、開始3分で先制されます。中央でパスをつながれゴール前で混戦になったところでシュート。混戦になった瞬間に「やばいな」と思ったのですが、またしても立ち上がりからハンディを背負っての戦いとなります。

上毛新聞にも掲載されていましたが、ホリコシには先制されると勝てないというデータがあります。小見監督は、。「先制点を取られない、というのは精神的に厳しい。逆転する努力、意識の変革が必要」と言っていますが、前半3分に失点してしまったことにより、この日ピッチに立った選手たちの意識が変わっていないことが如実に現れてしまったのです。

恐らく小見監督のいう『意識の改革』とは、こういうことです。

  1. あなた方はホリコシのサッカーを具現化します
  2. あなた方にはポジションに応じた役割があります
  3. あなた方の周りには10人の味方がいます
  4. あなた方の周りには11人の敵がいます

そして、もし私が監督だったら最後にこういうでしょう。

『あなた方は上手いからここにいるのではありません』

トリッキーなプレイも華麗な足技も、得点という結果につながらなければ何の意味もなく、ドリブルで相手を一人かわそうが次にボールを奪われたのではドリブルそのものに意味がない。ホリコシのサッカースタイルで勝つために、スタメンの選手たちは選ばれピッチに立っているのであり、そのために各々の選手にはポジションに応じた役割を果たすことが期待されているはずです。

恐らく監督にできる仕事はここまでで、後は実際にピッチに立つ選手たちが相手ゴールを陥れるために「ピッチに立つ自分」は「仲間とともに」何をすべきか、常に流れる試合の中で的確に判断してプレイすべきです。局面で勝つことがサッカーに勝利することではありません。選手たちには、その局面で勝つことによりゴールへの道筋が見えるのか、それともただ単にその局面で勝ちたいだけなのかはっきりさせて欲しいですね。

試合を観ながら、これほどまでに腹立たしい思いをしたのは久しぶりです。試合終了後にサポーターから上がった非難の声も当然ですし、私自身も試合中ずっとブツブツ文句を言ってました。選手たちに対して全く同情の余地はありませんし、今でも思い出すと体が熱くなるくらい怒っています。

当然、試合終了後もナリにも相当文句を言いましたが、まだ腹の虫が収まらないところがなんとも...

|

« 大好物 | トップページ | 紅白戦 »

Review」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1470570/38842454

この記事へのトラックバック一覧です: 疲労困憊:

« 大好物 | トップページ | 紅白戦 »