« 天皇杯 | トップページ | 横浜FC選手別攻略法(GK編) »

天皇杯3回戦への展望

もし横浜FCがこういった布陣で来たらちょっと難しい。



FW:カズ、城

MF:北村、山口、浮氣、佐藤

DF:中島、河野、トウィード、重田

GK:菅野

サブ:GK 小山、DF 早川、MF 小野(信)、吉武、FW 久保田

このメンバーでこられた場合、山口がゲームを作り浮氣が引き気味に中盤の穴を埋めてダブルボランチが縦並びになる。得点パターンは北村、佐藤の両サイドから繰出されるクロスを中央で城が合わせたり、落としたところをカズが決めるような感じ。


守備面に関しては、城もカズも前線からのプレスを厭わない献身的な守備が売り、中盤の守備能力も中央はもちろん両サイドも固い。4バックの中央はスピードに強い河野と高さがあり競り合いに強いトウィードが固め、両サイドの中島と重田はどちらもスピードがありしつこく守備をする。


アマラオのマークはトウィードが担当し、テクニックのある片桐は河野が担当することになるでしょうが、試合の鍵を握るのはおそらく平間のスペースへの飛び出しになるだろうと読んでいます。多くても2チャンス。このチャンスをものにできれば、横浜はいつものようにあわててうろたえるでしょうから追加点の目も...

でも抜け作の監督だからきっとこんな布陣でくる。



FW:カズ、城

MF:吉武、山口、内田、北村

DF:中島、浮氣、トウィード、早川

GK:菅野


サブ:小山(GK)、MF 大友、貞富、小野(智)、FW 富永

この布陣でこられたら楽勝。中央の要であるボランチの山口を疲れさせればいい。そのためには、内田にボールを持たせること。内田は玉離れが悪く視野も狭い。自由にはさせずにボールを持たせることで周囲との連携を切り、内田がボールを持って上がることによるスペースを山口に埋めさせる。


最初のうちは横浜が攻勢のように見える(内田がボールを持ってホリコシ陣内に入ってくるから)でしょうが、前半30分頃には、完全にホリコシペースに持って行くことができるはず。


この布陣でのキープレイヤーは、ナリと矢部のダブルボランチおよび片桐。この3人が少ないタッチでボールを回せるような距離感を保てれば前半残り15分で先制点は固い。片桐にはアマラオ、平間との絡みで前線への飛び出し引いてボールを受けるという両面での難しい仕事をこなしてもらわなければならないが、遊び心を忘れない片桐なら十分にこなせるはず。

この布陣でくるなら、うまくすれば4−1くらいで勝つこともできる。実際、甲府はこの相手に4点取ってる訳だし。

|

« 天皇杯 | トップページ | 横浜FC選手別攻略法(GK編) »

Others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯3回戦への展望:

« 天皇杯 | トップページ | 横浜FC選手別攻略法(GK編) »