« カーリングぅ? | トップページ | 秋田 »

準決勝敗退

FC岐阜の全国社会人サッカー選手権が終了してしまいました。最後は同じくJを目指して強化を進めてきたVファーレン長崎にPK戦の末に敗退という残念な結果でした。でも、既に地域リーグ決勝大会への参加権利は持っているわけだし、ある種「罰ゲーム」的要素の強かった大会だけに、敗退したからといって悲観的になる必要はないでしょう。サポ的には...

では、ひるがえって、スポンサーをはじめとしたFC岐阜の利害関係者の視点から見てみるとどうでしょう。FC岐阜を支えてくださっているスポンサーの方々や、FC岐阜に対して好意的な報道を繰り返してくださっているメディアの方々は、果たして今回の敗退をどのように受け止めていらっしゃるのでしょうか?

()内は利害関係者の『お偉いさん』の心中
東海リーグを無敗で突破 (FC岐阜強いじゃない!)
             ↓
天皇杯では草津に完敗 (あれれ通用しないの?)
             ↓
全社では準決勝で長崎に敗退 (おいおい大丈夫?)

FC 岐阜は、できるだけ早く(最短2年)でJリーグに加盟することを目標にして今年から再スタートしたチームなはずです。そのためには、利害関係者と手を取り合って、ダッシュで駆け抜けて行きたかったのではないでしょうか。おそらく現場に近い利害関係者の方は事情を理解してくださっていると思いますが、現場から遠くかつ決定権限をもたれているお偉いさん方はいかがでしょう?

戦術的には全社で優勝することには、公式戦で他地域リーグの力量を推し量るという以外の意味はないと思いますが、戦略的にはこの大会で同じステージを目指している他チーム(長崎、北九州、静岡など)を押しのけて優勝し、後に続く地域リーグ決勝大会も含めた全てのタイトルを総ナメにしてJFLに昇格することが望ましかったし、それができるだけの選手を揃えたチームではなかったかと思います。戦略的には、次のような流れが望ましかった...

東海リーグを無敗で突破 (FC岐阜強いじゃない!)
             ↓
天皇杯では草津に一矢を報いるも惜敗 (残念、惜しかったねぇ!)
             ↓
全社で並み居る地域リーグ出場予定チームを押しのけて優勝 (岐阜がダントツだね!)

控え中心で戦おうが、主力を投入しようがどちらでも構いません。試合内容が悪かろうが良かろうが関係ありません。記録と記憶には『勝った』という事実しか残らないので。

お偉いさん方がよそのお偉いさん方に会った時、『いや〜、ウチで応援しているFC岐阜がまた全国大会で優勝してねぇ。はっはっはっは!』と自慢していただけることが、来年のスポンサー獲得に向けてどれだけ大事なことか。以外とお偉いさん方の横のつながりってバカにできないんですよね。ひょっとするとネットの世界での口コミより効果的かもしれません。

お偉いさん方の来年へ向けての期待感って高まってますか?

選手の皆さん、危機感持ってますか?

少なくとも公式HPのコメントを読む限り森山さんは危機感をお持ちのようで安心しました。

|

« カーリングぅ? | トップページ | 秋田 »

Review」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1470570/38842313

この記事へのトラックバック一覧です: 準決勝敗退:

« カーリングぅ? | トップページ | 秋田 »