« 長崎から | トップページ | 長崎からスリー »

長崎から

なりたです。どうも。みんなにとって今年はどんな年でしたか。僕にとって2006年はいつも通りに辛いことも楽しいことも悔しいことも笑えたことも色々ありました。FC岐阜が昇格。これが最大のテーマでしたから、よかったです。横浜 FCも昇格したし。今日の長崎新聞にこんなことがかいてありました。こぞことし貫く棒のごときもの。 こぞとは去年のことでことしは今年。高浜虚子が年末年始の心持ちを詠んだ句です。あわただしく年が改まる中にも、途切れることなく連続する何かが、自分の生活を、人生を、一本の棒のように貫いている。というような句だそうです。自分にいつそのような心境が訪れるのだろう。なんか近くに居そうでいない。こんな心の状態を早く創りたいと思う今日31日でした。

|

« 長崎から | トップページ | 長崎からスリー »

Message」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長崎から:

« 長崎から | トップページ | 長崎からスリー »