« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

お魚くわえた

お魚くわえた
こんにちは。今日の朝に楽しい事件がありました。おいらの親父が朝から家の外で魚をさばいていました。親父は家に用事があったのでしょう、一旦中に戻ってきました。その時でした、野良猫がスタスタとやって来て魚を口にくわえながらまたスタスタと帰って行きました。おいらは今起こった事を親父に知らせると、親父が、なに〜と怒りました。しかもまたやられたーと。母親に聞いたらもう何度もやられているそうです。母親と大爆笑でした。いい親父だな〜とつくづく思いました。

| | トラックバック (0)

キヌコ美容室

キヌコ美容室
キヌコ美容室
キヌコ美容室
こんにちは。僕んちの母ちゃんは美容師です。11年振りに美容室を再開しました。その間、母ちゃんの体調はとてもよくありませんでした。はっきりいって奇跡に近い回復でした。信じられません。そして今、ブランクを取り戻そうと現在奮闘中であります。このブログを長崎の方がみているならぜひ行ってみてください。長崎市毛井首町のキヌコ美容室です。よろしく。

| | トラックバック (0)

卒業文集

こんばんは。今日僕は両親がいる長崎の実家に帰って来ました。 前回は滞在時間僅か一時間たらずだったので今回は少しゆっくりしたいと思います。そこで自分の小学校の色んな文集を枕元で読んでいました。するとその中に六年生の時の卒業文集が出てきました。小学校低学年の夢は警察官だったので、六年生の時はなんて書いているかな。びっくりしました。今日までの自分と同じ夢でした。サッカー選手になって、その後世界の子供たちにサッカーを教えたいって。驚いたね、プロとは書いた記憶があったけれどまさか指導者まで書いているとはね。子供って凄いね。自慢話になりました、失礼しました。おやすみなさい。

| | トラックバック (0)

良い刺激

こんにちは。暑い日が続いていますね。昨日はヴェルディの大先輩とご飯をたべました。いい話をたくさん聞かせていただきました。選手を引退して、すぐに安易に指導者って、おまえは考えたろって。指導者なめんなよって言われました。いままで選手として競いあってきて、辞めたら、はい指導者ですかって。子供を指導するんだよって。親はおまえに預けるんだよって。子供の人生を少しかえるんだよって。そんな安易に指導者なるなって。指導者として競争する覚悟ないんだったらやんない方がいいよって。そりゃそうですね。僕には少し覚悟が足りなかったかも。自分が指導者向いているのかちゃんと考えないと。7時から12時過ぎまで、ありがとございました。僕の情報もたまに耳にするそうです。あいつ変わってるよって。ポジティブならいいんですがね。僕も聞きませでした、怖かったから。サッカーを勉強したいと思います。それでは、ごきげんよう

| | トラックバック (0)

対子供

こんにちは。最近僕は小学生とサッカーをしています。子供ってほんとに おもしろいね。そのまんま、なんでも言うし、なんでもやるからね。まぁ、よく言う無邪気だね。だけど、そんな子供だけじゃないんだよ。それは学校の先生なんかよくわかると思うけど。そんなあまり自己主張しない子供をどうするか。いいじゃないかと、僕はいつも思う。自己主張しないのも自己主張なんじゃない?元気があるかないかなんて、そんなの外側だけみてもわかりませんよ。ちゃんと心がみんなあるんだからさ。もちろん、挨拶だって元気が気持ちいいよ。握手だってある程度ギュッとやったほうが気持ちいいよ。だけと、強く握れよって言うのは大人のかってな価値観でしょ。俺ってほんと偏屈だな。変わってるよ。これからも沢山の子供とサッカーをやるでしょう。その時にこのコーチなんかちょっと俺の周りにいない大人だなって。そんな奴もいいじゃないですか。それでは、皆さん、ごきげんよう。
高なりた木

| | トラックバック (0)

どうも。

どうも。
こんばんは。僕は最近とても寂しいんです。選手だった頃は足の親指の外側に物凄い固いタコがありました。それは僕のバロメーターでした、親指に力 が入っているときは調子がよかったんです。それが今は薄い皮にになりつつあります。何か寂しいんです、妙に。まだまだ現役できたな〜。やめとこ、惨めだわ、しょっぱいなー俺。未練がましいなぁ。応援してくれた方々に失礼です。
現役時代わがまますぎたね。第2の生活が大切だね、人生が二回あるんだから。ところで先日、某クラブのJ1への軌跡を見ました。なんでスタートした創設メンバーの軌跡やコメントが1つも無いわけ?びっくりだよ、僕はいつも言ってる、どんな仕事の仕方でもいい、だけどその仕事の仲間と10年後20年後に美味しい酒が飲めるかだって。僕はごっさんや、公文さんや、大石くんや、一平さんや、幸田さんや、高田くんや、よこや、ますや、ささぼうや、しげや、リティや、奥寺さんや、平戸さんや、辻野さんや、まだまだ沢山いるけど、楽しい酒 を飲む自信があります。みんな、そんな仕事しようよ。理想だけどさ。ぼくの親指から変な話になっちゃったかな。それでは、過去の人物を大切にするクラブが今後、日本に増えますように。またね。
高なりた木

| | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »