« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

大晦日

こんばんは。2007もあと2時間です。皆さんはどうお過ごしでしょうか。僕は長崎の実家で紅白歌合戦を見ながら、今年の自分を振り返っています。現役を終えてから、迷いながら過ごした1年でした。これからの自分にどうやって折り合いをつけて生きていこうかと、苦しんでいました。お酒の量が増えました。だらしない自分を遠目で見てました。情けなかったです。現役をやめた自分がこんなにつまんないのかって。折り合いなんてかっこよく言ってますが、ただの言い訳ですね。もちろん、子供と接する時は真剣に接しています。自分の昔と重ねながら。子供は昔も今もそんなに変わってないですよ。変わったのはその他の世の中です、社会に出ている大人たちです。しっかり生きていきましょう。サッカーを一緒にやった子供たちが大人になった時に良い子供時代を過ごしたなって思えるように。来年もブログは続けさせていただきます。よろしくお願いします。それでは、落ち着いた年の瀬を。高木なりた

| | トラックバック (0)

我々日本人

こんにちは。先日、お世話になってる方にクラブワールドカップの決勝戦に連れていっていただきました。先ず感じたのは、両チームの選手がピッチに立っていると、ピッチが凄く狭く感じました。特にマルディーニは大きく見えました。そして、どうしても、日本人の試合と比べてしまいます。僕自身も海外で試合や練習参加を経験しました。やっぱり感じることは同じなんですね。90分の中で全力でプレーする局面と少し休む局面の使い方。これがほんとに体に染み着いていますね。カカ−だって、しっかり休んでますよ、90分の中で。ただ休んでないのは、頭と心ですね。これが大切。インザーギなんか、点取ることしか考えてないですから。そういうことで、我々が参考にするとしたらボカの方ではないでしょうか。いや、我々は日本のサッカーを続けていこう。ストライカー不要論もあってもいいのではないでしょうか。我々には良い所がたくさんあります。その特徴を生かしながら、海外のプレーを勉強しながら、邁進していきましょう。レッズの選手、スタッフ、関係者の皆さま、お疲れ様でした。凄い歴史を刻みましたね。おめでとうございました。
もう師走ですね。飲み会で、はしゃぎましょう。それでは、ごきげんよう。

| | トラックバック (0)

FC岐阜

こんにちは。なりたです。おめでとう!岐阜がJリーグに昇格しました。ほんとにおめでとう。心からおめでとう。僕を無理やり岐阜に入団させてくれた方に連絡しました。こんな言葉をいただきました。
一緒に闘った、なりたたちがいたからだ、俺は忘れないよ。ありがとな、と。
がんばったプレイヤーには、この言葉だけでどれほど鳥肌が立つか。僕の方こそ本当にありがとうございました。クラブを創っていくってのはそんな些細な言葉が人を動かして良い組織が出来上がるのだな。やっぱり、どの世界も当たり前だけど、1人1人が愛をもって造り上げてゆくものなんですね。
良い言葉をありがとうございました。短いけど、終わります。

| | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »