« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

昭一さん。

先日、土曜日に中川昭一さんの49日が行われました。

部屋は昭一さんの写真でいっぱいでした。
死、は万人にセットされています。
だけど、やっぱり淋しいです。 お酒呑んだって、仕事に集中したって、空いた時間に ふと、想うんです。 そろそろ電話くる時期かなって。 でも、もう二度とかかってこない。 いつか、逢えるのかな? わからない。 そんな事を想うと、やっぱり 色んな人との出逢いは、軽い気持ちでは、接してはいけない。

自分と昭一さんとの出逢いは、1998年の12月の終わり。昭一さんは毎年年末に西麻布のおそば屋さんに行ってたらしく、そこで知人を介して逢わせていただきました。
初めての農水大臣の時でした。 昭一さんは僕に、「俺のこと知らないだろ?」って言ってきました。僕は正直に「知りません」と答えました。ホントに知らなかったんです。笑えますね、SPに囲まれている、大臣に向かって そばをすすりながら「知りません」って。どんだけですか。 でも、もしかしたら 昭一さんには それが新鮮だったのかも わかりません。そんな出逢いだったんです。
それで、昭一さんが おそばをおかわりしようとしたら、おそばがなくなっちゃったんです。そしたら、昭一さん「俺は、そば協会の会長だぞ」って。
笑っちゃったね、子供なんだもの。 まぁ、スタートはこうでした。
メモリーは、また書きます。


高木成太

| | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »